大手転職のデメリット

「いつかは大手で仕事をするんだ」と考え、今の仕事を一生懸命に取り組んでいる方もいると思います。今は、中小企業で仕事をしている方も、「経験を積めば、大手での活躍も出来るだろう」と目標を持って仕事をしている方もいるでしょう。大手というと、それだけの魅力がありますよね。メリットも多いですから、「大手へ転職するのが夢」という方も多いでしょう。しかし、大手企業への転職にもメリットだけではなく、デメリットもあることを忘れてはいけません。

では、大手企業へ転職をした際にはどういったデメリットがあるのかご紹介しましょう。まず、大手で仕事をするというと、「大きなプロジェクトに携わり、少しずつ昇進をしていきたい」と考えている方もいると思いますが、大手の場合には中小企業と比べると昇進しずらいというデメリットがあります。同じ様な経験を持っていても、周りには同じようなスキルの人間がたくさんいることになりますから、中小と比べると抜擢される確率は低いと言えるでしょう。また、大手の場合には仕事を分担制としているところが多いため、一つの分野に特化した仕事となってしまう可能性もあります。「出来れば、幅広い仕事をしていきたい」と考えている方にとっては、理想通りの仕事とはかけ離れてしまう可能性があるのです。

そして、大手の場合には安定した企業ということもあり、新卒者の定着率が高いため画一的という側面もあります。特有の環境や文化が作り上がっている可能性もありますから、「働きにくい」と感じてしまう方もいるでしょう。このように、大手転職というと「有利な転職だな」「転職に成功した」というイメージを持っている方が多いと思いますが、実際にはメリットもあればデメリットもあることを知っておきましょう。このデメリットも踏まえた上で、判断することが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です